トラブルを起こさないために!原状復帰について知っておく

原状復帰は、専門の知識を持った業者に依頼すると安心

life.net

原状復帰とは

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、原状復帰とは室内を借りたときの状態に戻すということです。どこまで、どの程度戻せばいいのかは貸主と借主で確認しながら行うと、トラブルにならずに済みます。また、双方の負担額についてもきちんと話し合いましょう。

トラブルを起こさないために!原状復帰について知っておく

空き部屋

どこまで原状復帰するべきか

原状復帰をどの範囲まで行うのかについては、ガイドラインがあるのですが知識がないと全くわからない人が多いでしょう。そういう時は、業者に依頼すれば、専門の知識を持ったスタッフがいるので安心して任せることができます。

業者を選べないときは

原状復帰業者はたくさんあるので、どうやって選べばいいかわからなくなりますね。そんな時は、仲介業者に依頼するといいでしょう。こちらの要望を伝えれば、それに合った業者を紹介してくれるので悩む必要が無くなります。

部屋を確認する時のポイント

退去時には、当事者が入居時の状況と見比べながら確認を行うのが一般的です。このとき、借主がなぜ汚れているのかなど原因を説明し、原状復帰における負担額を決めていきます。自分がつけたものではない汚れや傷は、しっかりと違う旨を説明しましょう。

広告募集中