よく知らない現状回復に関する疑問を解決しよう

現状回復の豆知識

「現状回復」と「原状復帰」は似ている言葉ですが、何が違うかわかるでしょうか。実はどちらも意味は同じなのです。ただ使われる業界によって呼び方が異なるだけで、「現状回復」は法律用語、「原状復帰」は建設用語です。

現状回復に関するQ&A

現状回復って必須なの?

借りた物件を返すのに、現状回復は必要な作業です。契約内容によっても異なりますが、契約書でその旨が定められていたら、行う義務があります。必要か不明であれば、貸主に聞いてみましょう。

どのくらい期間がかかるの?

部屋の大きさや復帰作業の内容によります。次の貸し出し期間まで時間がないなど、急いで作業しなければいけない場合、業者に相談してみるといいでしょう。

回復工事してもらう時に必要なものは?

現状回復工事をするときにはいくつか書類が必要なので、事前に業者に確認して準備しておきましょう。賃貸借契約書、契約当初の図面などが必要になる可能性が高いです。

よく知らない現状回復に関する疑問を解決しよう

空室

現状回復とリフォームは別物

現状回復は使用しているうちについた汚れや、劣化したものを元に戻すことを言います。それに対し、リフォームは今あるものをより機能的に、綺麗な見た目にすることです。賃貸を退去するのであれば、リフォームは必要ないですね。

現地調査は無料

業者にもよりますが、現状回復させる物件の現地調査程度なら、無料で行ってくれるところが多いでしょう。その時に見積もりも一緒に出してくれるはずです。まずは1度、電話で問い合わせてみるといいですね。

広告募集中